パソコンを操作する人

管理のためのソフト活用

社内管理を効率的に行なうためのソフトとして、スケジューラーが広く利用されています。スケジューラーを利用することのメリットとしては、同じ会社で働く社員が互いのスケジュールを共有することにより、仕事がしやすくなることがあげられます。

最新記事一覧

メンズ

税制改正にもスムーズ対応

中小企業の法人税の軽減税率適用が2年間延長されることが決定しました。税制改正や制度改正をキャッチアップしていくためにも専門家と顧問契約を結んだサポートや、改正にも対応できるソフトなどの利用がおすすめです。

婦人

電話窓口を便利にする技術

電話窓口の業務を効率化するシステムにCTIがあります。CTIを使うと電話を取る前に顧客情報を確認できたり、一人に電話が集中しないように制御できます。また、導入コストがかからないことが多いクラウド型は勿論、オンプレ型であっても生産性の向上によりコストを削減することができます。

チャット

業務効率化に有効

社内チャットは会議を効率的に行う事が出来る便利なツールですが、社内での利用には専門業者が提供するツールを用いるべきです。その理由はセキュリティの面と権限の面です。情報流出や社内チャットの私的利用を防ぐには専門会社の存在が欠かせません。

オフィス

企業におけるIT化

企業の業務をIT化することにより、生産性を向上させることが可能ですが、個人管理に任せていた予定も同じことがいえるのです。スケジューラーと呼ばれる製品を導入することで、社員間でスケジュールが共有され、予定の確認や予約が簡単になるのが、その理由になります。

社内の連絡を効率的に

チャット

社内連絡の効率化

社内チャットは、社内での連絡にかかる時間を短縮したり、連絡するほどでもないと思うような内容でも気軽に送れるなど色々と便利なツールとなっているため、現在利用している会社も増えてきているようです。そんな社内チャットのメリット・デメリットを紹介していきます。まずメリットは、メールより素早く、正確にコミュニケーションが行えることです。通常のメールでは送るまでに多少の時間が掛かったり、たくさんあるメールの中に埋もれて、大事な内容のものを見逃す恐れがあったりと不都合な面がありますが、社内チャットならリアルタイムでタイムラグなくやりとりができたり、伝えたい内容だけを簡略的に伝えられるので正確性があります。他には安全面だったり、コストの削減にもなったりします。メールだと複数人に送る際、間違って情報が漏えいしたりなど考えられますが、社内チャットはあらかじめ複数人のグループを作成可能であるためそういった心配が少ないのです。コスト面でも電話やメールを使うより安く運用できます。次にデメリットですが、社内チャットの機能を使いこなせなかったりなどの理由で社内で普及せず結局使用しなかったりする可能性があることやメールを主に使っている人と社内チャットを主に使っている人とのやりとりのすれ違いがあったりするのが問題点と言えます。とはいえ、事前に社内で社内チャットを扱い方などをレクチャーしたりすれば使い方が分からず普及しないなんてことはないと思いますし大きなデメリットではないように思います。社内チャットでは今まで連絡にかかっていた時間を節約でき、効率的に事業を進めることができるようになるので導入について積極的に考えてみるのもいいでしょう。